Sambaを立ててwindowsとファイル共有

ubuntu 18.04、sambaでファイルサーバーを立て、windowsとファイルを共有します。
ボンディング(チーミング)での通信方法も書いてあります。

インストール

共有するフォルダの作成

全ユーザーがアクセスできるようにします。

smb.confの編集

25行目、
[global]
## Browsing/Identification ##
の下に以下のように追記。なお、linux同士でwindowsと共有しない場合はいらない

30行目、

WORKGROUPをwindowsのワークグループ名に変更します。
コンパネ→システムとセキュリティー→システム で見れます。

51行目

interfacesのコメントを外し、このように書きます。
bond0の部分は、sambaに使いたいネットワークのインターフェイス名またはIPアドレスを書きます。
ifconfigで確認できます。
複数のNICを繋げて速度向上させるbondingについてはこちら

その直後にhosts allowを追記します。

共有を許可するIPを指定します。

58行目、

のコメントを解除します。指定されたインターフェイスにバインドされます。

最終行に追記

samba再起動

自動起動

Windows側のマウント

エクスプローラー→PC の上で右クリック→ネットワークドライブの割り当て

フォルダーは \\ホストのIP\共有フォルダ名 と入れます

/hoge/fugaが共有フォルダの場合は \\192.168.1.x\fuga となります。

Linuxでのマウント

cifs-utilsが必要です。

マウントするディレクトリを作成します。

マウントします。

//ホストのIP/共有ディレクトリ名  です

自動マウント

/etc/fstabに追記します

速度

ただのHDD(WD RED)なのにsambaで共有すると、別PCからのランダムアクセスがとても速くなりました。

RAMにキャッシュされてるんですかね・・?


tatuiyo

tatuiyoです。 自宅鯖など立てて遊んでいます。 成人済みです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です