KVMでHackintosh!(Mac OS 10.15 Catalina) – たつろぐ | tatuiyoWebServer

KVMでHackintosh!(Mac OS 10.15 Catalina)

Ubuntu18.04上のKVMでHackintoshをしてみました。
その時にちょっとつまづいたのでメモ。

これを使用しました。
https://github.com/kholia/OSX-KVM

①レポジトリをクローン

$ cd ~
$ git clone https://github.com/kholia/OSX-KVM.git
$ cd OSX-KVM

② BaseSystem.dmgを入手

このコマンドを実行すればmacOSのインストーラーの中にあるBaseSystem.dmgを取得できるはずなのですが・・こちらの環境だとなぜか出来ませんでした。

$ ./fetch-macOS.py

とりあえずインストーラーの中にあるBaseSystem.dmgが持ってこれればいいので、
ほかのMac(これもhaclintoshだけど)からダウンロードして取ってきました。

どうにかしてBaseSyatem.dmgを取ってきたらimgに変換します。

$ dmg2img BaseSystem.dmg BaseSystem.img

ここにMacから取ってきてimgに変換したやつを上げておきます。(Catalina)

http://files.tatuiyo.xyz/Hackintosh/KVM

BaseSystem.imgは、OSX-KVMフォルダの中に入れてください。

③仮想HDDイメージを作成

$ cd ~/OSX-KVM
$ qemu-img create -f qcow2 mac_hdd_ng.img 128G

④設定ファイル

パスを変更します。

$ sed -i "s/CHANGEME/$USER/g" macOS-libvirt-NG.xml

Catalinaをインストールするので、MojaveをCatalinaに書き換えます。やらなくてもいいかもしれないw

$ vi macOS-libvirt-NG.xml

92行目

      <source file='/home/CHANGEME/OSX-KVM/Mojave/CloverNG.qcow2'/>

      <source file='/home/CHANGEME/OSX-KVM/Catalina/CloverNG.qcow2'/>

に書き換え。

また、グラフィックの設定を変えてVNCで出力できるようにします。

144行目の

    <graphics type='spice' autoport='yes'>
      <listen type='address'/>
    </graphics>

   <graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes'>
   <listen type='address'/>
   </graphics>

に書き換え。

CPUのコア数、メモリ、ブリッジの設定(131行目)とかは各自変えてください。

⑤仮想マシンを登録、起動

$ sudo virsh define macOS-libvirt-NG.xml
$ sudo virsh start macOS

⑥VNCから接続してMacをインストール

適当なVNCviewerとかでこの仮想マシンにつなぎます。初期設定でポートは5900,5901..と仮想マシンを起動した順になっています。
ローカルホスト以外で繋ぎたいときは、etc/libvirt/qemu.confの66行目のコメントアウト(vnc_listen = “0.0.0.0”って書いてあるとこ)を解除します。

繋がったらmacOSユーティリティーが出てくると思います!

あとは普通にディスクユーティリティでフォーマットして、macOSを再インストールを押せばインスコできます。

^^

追記!

初期設定では解像度が1024×768になっています。
フルHDに変更してみました。

①CloverNG.qcow2を編集

マウントして中のファイルを編集します。

$ sudo modprobe nbd
$ sudo qemu-nbd --connect=/dev/nbd0 ~/OSX-KVM/Catalina/CloverNG.qcow2
$ sudo mkdir /mnt/test
$ sudo mount /dev/nbd0p1 /mnt/test
$ sudo vim /mnt/test/EFI/CLOVER/config.plist

28行目に解像度が書いてあるので、ここを好きな解像度に変更します。

アンマウントします。

$ sudo umount /mnt/test/
$ sudo qemu-nbd --disconnect /dev/nbd0
$ sudo rmmod nbd

②OVMFの設定を変更

cloverが起動する前にescキーを押すと設定に入れます。

Device Manager→OVMF Platform Configration→Change Prefrredから解像度をさっき指定した解像度と必ず同じものを選択してください。

指定出来たら一回仮想マシンを閉じてもう一回起動します。

できました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です