Allied Telesis AT-x210-24GT 初期設定、ファームウェアアップデート CentreCOM L2plusスイッチ

ヤフオクでアライドのL2プラススイッチ、AT-x210-24GTを落札しました。
L2プラスなので、L3っぽい使い方もちょっとできます。

24ポートで、SFPが4ポートです。(SFPは排他利用)

ホントは前に秋葉原で投げ売りされてたx510欲しかったのですが、ちょっと高いのでこっちで我慢です。。

ちなみに消費電力は全ポート未使用時で起動後10Wほど、8ポートリンク時で16Wほどでした。

とりあえず初期設定

コンソールケーブルでPCと繋ぎます。
初期化されてなかったので、強制初期化しました。

まず再起動して、Press <Ctrl+B> for the Boot Menuが出たらブートメニューに入ります。
いろいろ出てくるのですが、5-1-0-9の順番に押すとデフォルトの状態で起動できます。

起動したらユーザーはデフォルトのmanager,パスはfriendでログインできるので、コンフィグを消去します。

これで消去できました。

アライドのコンソールは3段階に分かれており、それぞれログイン直後の非特権EXECモード、特権EXECモード、コンフィグ編集モードです。
enableで特権EXECモード、configure terminalでコンフィグ編集モードに移行できます。また、exitで権限が一つ下がります。

次に、IPアドレスを振ってSSHログインできるようにしました。
SSHログイン用のユーザーも作成します。privilege 15はコンフィグ編集モードに移行できる最高権限を意味します。

グローバルコンフィグモードで、

最後に設定を保存します。

ファームウェアアップデート

ここを参考にしてファームウェアを更新しました。

https://www.allied-telesis.co.jp/support/list/switch/x210/rel/5.4.5-0.1/m002199a.pdf

v5.4.5以降にする場合、ブートローダーもアップデートしないといけないらしいですね。

ここからファームウェアとブートローダーをダウンロードできます。(要シリアルNo)
https://www.allied-telesis.co.jp/support/list/switch/x210/download.html

現時点での最新版は、
ファームウェア: x210-5.4.7-0.1.rel
ブートローダー: x210-5.4.3B-3.17.rel
でした。

これらをTFTP,HTTP,SCP,SFTPのどれかでAT-x210に転送します。

今回はTFTP経由でファイルを送ってみました。
PC側でTFTPサーバーを立て、AT-x210からアクセスします。

TFTPサーバーを立てたら、特権EXECモードで、

こんな感じでファームとブートローダーを転送しました。

新ファームウェアとブートローダーを指定し、再起動します。
コンフィグモードで、

Web GUIの導入

導入してみましたが、別にCLIで十分なのであまり入れる必要はないかもしれません・・

また、JAVAアプレットなのでもう主要ブラウザではサポートされていません。
IEを使うか古いchromeなりfirefoxなり使う必要があります。。

導入方法はさっきのファームウェアのダウンロードページからGUI用のファイルを持ってきてルートディレクトリにコピーしておくだけです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です